早期発見が難しい肝臓がんとは|定期的に検査を受けるのが大事

看護師

健康的な体になる治療

病室

エクオールは、腸内細菌の一種で女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンの働きをサポートするので更年期障害の症状改善や予防に良いと言われています。病院でエクオールを産生出来る体質かまず調べ、産生出来ない体質であればエクオールが含まれた食品を取るなどの治療を行うと良いです。

詳細を読む

早期発見が難しいがん

看護師

肝炎ウイルスに注意

肝臓は、エネルギーの代謝や解毒作用を司っている臓器です。肝臓は常にフル活動しているわけでなく、健康な人でも3分の2程度の力しか発揮していません。実際に肝臓を半分切り取っても、肝臓の機能は低下することなく働くことができます。なので、肝臓がんを患っても、違和感を感じることはないので、早期に発見することが難しいです。肝臓がんになる人のほとんどは、その前段階として肝炎ウィルスに感染しています。肝炎ウィルスに感染すると、慢性肝炎や肝硬変になるので、それらを患っている人は常に肝臓がんのリスクがあることを念頭に入れておくことが大切です。肝炎ウィルスに感染しているかどうかは血液検査で簡単に調べることができるので、肝臓がんの不安がなくても一度調べておくことをおすすめします。

酒の飲み過ぎに注意

肝臓がんは肝炎ウィルスに感染していることも発生する1つの要因ですが、他のがんと同様に臓器を酷使することで罹患率が高まります。肝臓は体内の毒素を排出する役目の臓器なので、アルコールを飲み過ぎたりタバコを吸い過ぎると肝臓を酷使することになります。肝臓はある程度なら切り取っても機能を失うことがないので、肝臓がんの治療は切除が基本になります。ただ、肝臓全体にがんが広がっている場合は切除することができなくなります。肝臓は他の人からの移植もできる臓器なので、肝移植が選択されることもあります。その場合、患者が拒否反応を起こさないように、血液型などが同じドナーでなければなりません。また、肝臓以外にがんが転移している場合には効果がありません。肝臓がんは再発しやすいがんでもあるので、手術後もこまめに検査する必要があります。

胸腺に発生する腫瘍

ドクター

肋骨の裏に存在する血液内のリンパ球を作っている臓器を「胸腺」と言い、そこに発生する腫瘍を「胸腺腫瘍」と言います。胸腺腫瘍の治療は、外科手術での切除が基本となります。手術後は、切除しきれなかった微細な腫瘍は放射線療法や化学療法を併用して治療を行なっていきます。

詳細を読む

初期症状を知っておく

診察室

今はほとんどのがんが早期発見で完治できますが、その中には早期発見が難しいとされるものもあります。それがすい臓がんです。すい臓がんになると、胃の調子が悪くなり体重が急激に減少してしまいます。また、背中が痛いなどの症状も現れます。そのため、このような症状が現れた場合は我慢せず早めに病院で検査しましょう。

詳細を読む